MENU
main-home-re2

title

東洋医学の病気の捉え方
漢方古典理論では、自然界の移り変わりと人の生命誕生から死までの過程を、『相火』という『』の存在を通して一元的に捉え、生命維持の基となる気(機能・生理作用)の働きが正常であれば体調が良くなり、逆に何らかの原因で気の働きが長く障害されると身体に異変を発症するとし、気の働きは最も重視されます。

例えば、気の循りの障害により身体の陰・陽のバランスを崩したことが原因で引き起こす苦痛症状の『―体力低下症状・皮膚のかさつき・張りが無い・押すと気持が良い・痒みなど』、『―腫れ・緊張・痛みなど』、『―冷え』、『―発熱・炎症』などは、鍼施術によって気の流れが順当になることで身体の陰・陽(虚実・寒熱)が是正されると患者さん自身の力が自然治癒に導きます。

櫻井鍼灸院独自の鍼専門の一経穴鍼療法です。

当院では、漢方古典理論の一解釈法を応用した相火に影響する一箇所の経穴への鍉鍼法刺激で、(生命の機能・生理作用を推進させる無形で目には見えないエネルギーの様な存在)と、(栄養、血液・リンパ液類、水などの有形で目に見える物質)を身体の細胞・組織・器官など全身に順当に循らせる事で患者さん自身の自然治癒力を高め、苦痛の緩和や未病の予防(健康寿命の延伸)に努めています。

病の発端となる《根っこの治療》に重点を置いた本院の鍼療法は、急性炎症性疾患だけでなく現代医学で難治性とされる一部の癌・皮膚疾患・膠原病など、遭遇症例数は少ないですが多くの場合患者さんに喜んで頂いております。

title

自然界の移り変わりと人の生命誕生から死までの過程を、『相火』という『気』の存在を通して一元的に捉えた漢方理論は、生命維持の基となる気(機能・生理作用)が正常であれば元気になり、不調であれば異変が生じるとし、気の働きを重要としています。

相火に影響する経穴への刺激で、気・血(血―栄養、血液類・水)が全身に順当に循り、先天的元気・後天的元気が向上します。
その結果、苦痛症状の『虚(皮膚のかさつき・張りが無い・押すと気持が良い・痒みなど)・実(腫れ・緊張・痛みなど)、寒(冷え)・熱(発熱・炎症など)』が是正されて自然治癒に導き、更に病の発端となる『根っこの治療』なので未病の予防に繋がる、という漢方理論の一解釈法です。

当院は、前述の解釈を応用したオリジナルな鍼療法です。

櫻井鍼灸院独自の針専門の一経穴鍼療法です。

『漢方でいう先天の元気・後天の元気』を強化する事で自然治癒力を向上させ、誰もが備えている生命力をより強く引き出し健康の維持増進、苦痛の緩和など患者様のお求めに沿える様、高度で良質な鍼療法を作り出すことが私共の使命です。
一生の課題として研鑽に励みたいと思います。

新着情報

ささない鍼治療

『ささない鍼治療』とは、 鍼をささない(肌を傷つけない)鍼治療法です。
鍼先を直接皮膚に接触させない鍉鍼法ですので、鍼による有害事象は一切ありません。
初心者の方でも安心して施術を受けていただけます。

脉診流鍉鍼療法
【住所】〒534-0021 大阪市都島区都島本通3-6-24
【TEL】06-6929-1132

施術時間日・祝
9:00-12:00       /
16:00-18:00   /   / /

【休診日】水曜日・土曜日の午後 日曜日 祝祭日
※月・火・木・金の午後の部は、事前の予約時には19:30まで受け付けています。
※患者様には出来るだけお待たせしないために、原則予約制としています。